鹿がゾンビになる!?北米の鹿を襲う『ゾンビ鹿病』ってなんぞや!

北米に生息する鹿たちを、神経系を侵す謎の病気が襲っている。発症した鹿は運動が困難になり、大量のよだれを垂れ流しながら異常行動を繰り返して死に至るという。

その姿がまるで「ゾンビ」のようであることから「ゾンビ鹿病」と呼ばれている。

北米の鹿に一体なにが起きているのか。そして、専門家が人間にも感染するのでは?と懸念している謎の病気「ゾンビ鹿病」とはいったいどんな病気なのか。

ゾンビ鹿病とは

北米では「ゾンビ鹿病」として知られているが、この病気の正式名称は「慢性消耗病(Chronic Wasting Disease, CWD)」といいます。

慢性消耗病を発症した鹿は、最初は歩行の障害から始まり、次第に群れから孤立するようになります。徐々に正常な意識は失われていき、目の焦点は合わずに宙を向き、大量の唾液を垂れ流しながら意味もなく彷徨い続ける。そして最後にはなにも食べなくなり、飢えて死んでしまいます。

「慢性消耗病」は致死性の感染病で、専門家は人間にも感染する可能性を指摘し、アメリカ疾病予防管理センターも病気の拡大を警告しています。

慢性消耗病の原因とは

慢性消耗病を引き起こす原因とされているのが「プリオン」です。

プリオンとはクロイツフェルト・ヤコブ病や狂牛病といった脳の中枢神経が侵され、スポンジ状になる病気を引き起こす病原体とされている。病原体といっても通常のウイルスや細菌などの病原体とは性質が違い、体内にあるタンパク質が異常に変異したものです。

ゾンビ鹿病は「狂牛病」にとてもよく似た性質を持っているが、大きく違う点として、鹿の血液や唾液、尿や糞からも感染性のプリオンが検出されたことです。これは人間の与えた肥料によって感染が広まった狂牛病と違い、鹿自身のまき散らした唾液や尿により、鹿から鹿へ感染が広まったということを意味しています。

なぜ遺伝物質を持たないタンパク質が伝染するのか、まして種の壁を超えて伝染するのかといったことに関しては、まだまだ謎に包まれている病原体です。

人間にも感染するのか?

現時点では慢性消耗病が人間に感染した事例はないが、米コロラド州立大学プリオン研究センターの実験で「感染した鹿肉を与えたマカクザルが慢性消耗病に感染した」という研究結果が発表されました。

これにより、肉を介して霊長類にも感染することが初めて確認されました。

これは人間にも感染する可能性を示唆しており、現在では感染した鹿肉を食べることで人間に感染するという証拠はありません。しかしCWDプリオンは日々進化している可能性が高く、このことから人間に感染するCWDプリオンが誕生するのも時間の問題であるといえます。

実際に狂牛病のプリオンは、感染している牛肉を食べると人間の脳の中にプリオンを作り出すよう進化をしました。アメリカ食品医薬品局によると2016年、この感染により231人もの方が亡くなっているといいます。

CWDの感染実験を行った研究チームは「CWDプリオンを人為的に進化させ、人間をゾンビに変異させてしまう兵器が誕生したとしても全く不思議ではない」といった恐ろしい可能性も指摘しています。

現実にバイオハザードが起こるとしたら、こういった人間の手で作られた細菌兵器が流失することによって引き起こされる可能性が高いと考えられます。

人間が自らの選択で破滅の道へ進まないよう「人間を殺すための研究」ではなく「人間を救うための研究」が行われることを願うばかりです。