「ゾンビ」の寿命を考えてみた!ゾンビって放っておくと死ぬの?

こんにちは、Woo!です(@ wooopunch)

ゾンビ映画を見るといつもこう思います。

「家に引きこもってれば、ゾンビって勝手に死ぬんじゃね?」

例えば現実世界でゾンビパニックが起こったら、自分は食料を蓄えて自宅に籠城し、ゾンビの寿命がくるまでひたすら待つタイプのヘタレです(笑)

でもここでひとつ疑問が湧いてきます。

「そういえばゾンビの寿命ってどれくらいなんだ?」

ゾンビの寿命って数か月なのか、数年なのか、はたまた頭部を破壊しない限り、永久に生き続けるのか…。
ゾンビの寿命が数週間から数か月程度なら、物資を蓄えて自宅に引きこもっていれば助かる確率は上がるかもしれません。

でもゾンビの寿命が数年単位だったら、定期的に外に出て物資の補給が必要です。そうなるとゾンビと戦闘になるかもしれないし、必然生き残る可能性は低くなります。

ゾンビの寿命を知らない限り、生き残るための有効な対策を立てることは出来ません。

「ゾンビよりうちの母ちゃんの寿命ってなんぼやねん?」

と大阪のおっちゃんに聞かれたので、今回は「ゾンビの寿命」について考察してみました。

※ 現実にバイオハザードが起こった場合の考察はこちらから!
【もし現実世界でバイオハザードが起こったら】

ゾンビの寿命とは

ゾンビの寿命を考える前に、人間の寿命っていったいどのくらいなんでしょ?
まぁ人間の寿命を考えたところでゾンビの寿命とは何も関係はないんですが…豆知識として。

人間界で史上最も長生きした人物は、フランスの女性、ジャンヌ・カルマンさんという人です。

彼女は1997年に前人未到の122歳164日という高齢で亡くなりました。ここまで長生きだと、もはやゾンビなんじゃ…(失礼)

世界の平均寿命は医療、栄養、生活などの状態の向上で1970年代から上昇を続けてきました。そして1990年代にはすでにその「終点」に到達していたといいます。

これは「不老不死」という、人類とフリーザの永遠の夢がなくなったことを意味します。人の寿命には生物学的な限界があるってことですね。

アルバート・アインシュタイン医科大学のブランドン・ミルホランド氏は「今後どの年においても、世界の誰かが125歳まで生きる確率は、1万分の1に満たないと考えられる」と発表し、人の寿命の限界は120歳程度だと示しました。

「生あるものはいつか生物学的な限界が来る」

これはいわば当たり前の話ですが、じゃあ「生のないもの」つまり死んでいるゾンビの寿命はどうなのか?寿命というとおかしい話ですが、「活動時間」はどれくらいなのか考えていきたいと思います。

ゾンビの活動限界とは

ゾンビの活動限界を知るために一番大事なことは「ゾンビは代謝を行っているのか?」ということです。

基本的にゾンビは死体の為、代謝など行っているはずもなく筋肉を動かすためのカロリーは生きていた頃の残存グリコーゲンなどを当てていると考えられます。

そのエネルギー量も限られてるので、動きもノロノロとしか動けません。その為、新たなエネルギー供給に喰った肉を代謝する手段も必要だけど、ゾンビはおそらく消化器系も機能していないのでそれもできません。

結果、ゾンビの体は人間の死体と同じように腐敗を始めていきます。腐敗が足に達すれば行動に支障が出るし、腐敗が脳に達するとゾンビは早期に「活動限界」を迎えると考えています。

この考え方が一番現実的で、「ゾンビパニックが起きたら家から一歩も出ません!」なんて言っちゃう自分みたいなへたれタイプには、ゾンビの寿命が短いのは朗報になります。

でもどうせ考察するのにこれじゃつまんないですよね。ということでもうちょっと突っ込んで考えてみます。

ゾンビの寿命を考えるのに重要な要因となるのが「人間が何によってゾンビになるのか?」ということです。

そもそもなんでゾンビになっちゃうの?

ゾンビ化する原因って「霊的な力」「隕石などから放出される地球外生命体」「生物学的要因」などなど…パッと思いつく限りでも様々な原因がありますよね。そんなの映画の設定によって違うじゃん!といってしまえばそれまでなので、最も現実的に起きるであろう「生物学的要因」つまりウィルスや寄生菌による感染を前提に考察していきます。

もしなんらかの寄生菌が原因でゾンビパニックが起こったとします。

まずゾンビに噛まれることで胞子が人間の体内に入り、血流に乗った胞子が全身に行き渡って、潜伏期間を経て宿主の人間が死ぬタイミングで胞子が活動を再開し、成長を始めます。

さらに脳内に達して静かに成長した寄生菌は、延髄・小脳、そして視覚・聴覚・嗅覚を司る脳の部位をつなぎ合わせ死者を操作し始めます。

でも死体を動かすにもエネルギーが必要ですよね。そのためゾンビに自ら代謝をしてほしいところですが、消化器系が機能していないゾンビには代謝する手段がないんです。

「じゃあ寄生菌が活動するために必要な栄養素はどこから摂取すればいいの?」

って疑問が湧いてくると思うんですが、それはゾンビが人間の肉を欲するということを考えれば容易に想像がつきます。

ゾンビが人間を襲い、肉を喰うのは動物としての本能である「食欲」を満たすために本能のままに行動しているだけなのか?それとも寄生菌が自らの活動エネルギーを摂取するためにゾンビを操って人間を喰わせているのか?

これがもし後者だったら、この寄生菌は食肉植物と同じ方法で肉からエネルギーと栄養素を抽出することができるように進化しているかもしれません。

そうなればゾンビの寿命は肉を喰らい続ける限り続くということになります。(もちろん身体構造の崩壊で寄生菌が支えられる限度を超えることはありますけどね)

【結論】ゾンビの寿命は期間でいうと数年、数十年単位。もしかすると人類を食い尽くす限り活動し続けるかも。

オ‥‥オワタ‥‥orz

これで私の籠城作戦は崩壊しました…。

物資が足りなくなったら、ゾンビがうようよしている街に繰り出さなくてはなりません。まさに【ウォーキングデッド】の世界に踏み込んだということですね。

でも映画では、ずるい奴や悪い奴が序盤で死んでしまうのが定説です。あの理論でいくと、私は結構いい奴なのでなかなか死なないと思います(笑)

※ ウォーキングデッドの世界を知りたい方はこちらから!
【ウォーキングデッドシーズン1 エピソード一覧】

最後に

今回はゾンビの寿命について考察してみました。

考察した結果、ゾンビの寿命はもしかしたら年単位という最悪の結果でしたが…。おそらく現実的な寿命は数週間から数か月がいいとこだと思います。

でもそれはなにが原因で「ゾンビ化」したかによります。今回は「寄生菌」と絞って考察してみましたが、例えばウィルスが感染の原因だった場合はまた違う結果になると思います。

けっこう都合のいいように解釈した部分もあるので、どうしても矛盾してしまうこともありますが、あくまで仮定の話としてお楽しみください。

また現実世界にゾンビが現れた時の対処法を考察した記事もありますので、よかったらそちらも見てみてください⇊

【もし現実世界でバイオハザードが起こったら】

それではお読みいただきありがとうございました!