「ゾンビの身体能力」「ゾンビの五感」ってどうなってるの?考察してみた!

ゾンビ映画を見ているとゾンビは音に強く反応して、近寄ってくるシーンをよく見ます。
銃で攻撃を加えると、銃声に反応してたくさんのゾンビが寄ってきますよね。

ゾンビ化すると聴覚が異常に発達するのか、それとも視覚、嗅覚、味覚、触覚の五感全てが発達するのか?
そもそも死んでいるから全ての機能が失われているのか?

でも音に反応しているので、少なくとも聴覚は機能しているはずです。

そんな謎だらけのゾンビですが、今回はゾンビにも五感は機能していると仮定して、「ゾンビ化するとゾンビの五感は発達するのか?」について考察してみました。

まずはゾンビの身体能力ってどんなもん?

世の中には様々なゾンビ映画がありますが、映画によってゾンビは色々なタイプに姿を変えます。

おなじみノロノロゾンビや走りまくるゾンビ、すんごい怪力ゾンビに垂直の壁をよじ登っちゃう系ゾンビなど、ゾンビの種類は多種多様に存在します。

でもここで忘れてはならないのが、ゾンビは元々私たちと同じ普通の人間だったということ。

感染した原因がウィルスでも寄生虫でも、死んだ人間が動き出すということは脳を操られている状態だと考えられます。脳が神経系に強制的に命令を送って動かしているとしたら、そもそもスムーズに動くこともできないし、這いずり回るか、ノロノロと歩く位しかできません。

少なくとも、ゾンビ化した途端に超人のような力を手に入れるというのは考えられないです。

まぁもしウサイン・ボルトがゾンビになったらめちゃめちゃ速そうですけどね(笑)

あと「ゾンビになると超人になる説」を立証するために考えられるのは、誰でも一度は聞いたことがある「人間は脳の10%しか使っていない」というあれ説も考えられます。

もし全てがフル稼働すれば、すんごい潜在能力を引き出すことができるというあれですね。

生身の人間が100%の力を引き出すと肉体が持たないといわれますが、ゾンビにはそんなこと関係ありません。例え体がバラバラになっても獲物に向かっていくでしょう。

この説が正しいとすれば、ゾンビが超人化する理由は説明がつきます。

しかし残念なことに近年の研究で「脳10%説」は科学者に何度も否定されています。
脳もまだまだ未知の部分がありますので断定はできませんが、ひとまずゾンビ化によって超人的な力を手に入れるというのはなしとしましょう。

結論として「ゾンビの身体能力は普通の人間並みか、それ以下である。生前の肉体によって個体差はあるが、死後膠着などを考えると、這いずり回るか、ゆっくり歩くことしかできない。」となります。

やっぱりゾンビは安心安全のスタンダードノロノロゾンビですよね(笑)

ゾンビの身体能力はなんとなくわかりましたが、それでは五感はどうなんでしょうか?

1 視覚

まずはゾンビの目です。
ゾンビ映画ではゾンビは夜になると活動を活発にするという描写が非常に多いです。

これは猫のように暗闇でも獲物を識別できるように目が発達したと考えられます。
猫がなぜ暗闇でもよく見えるかというと、猫の網膜の裏側には人間が持っていない、タペタム(輝膜)と呼ばれる反射鏡のようなものがあり、このタペタムで目に入ってきた光を反射し、眼球内で増幅することにより、暗闇でもよく見えるといわれています。

この人間がもっていないというのがポイントで、ゾンビ化することで目になんらかの作用が働いて、視覚が進化したと考えられます。

ただゾンビが、目の前にいるのがゾンビか人間か、目できちんと識別しているかは考えづらく、視覚についてはまだまだ考察の余地があると思います。

2 聴覚

次はゾンビの耳です。
ゾンビの聴覚が優れているのは、ゾンビ映画ファンのあなたならご存知だと思います。

もう、どの映画のゾンビも音に異常に反応しちゃってます。
気付かれないよう静かにしなきゃいけないシーンで、ガラスの破片なんか踏んじゃったりして「パキッ…」
ウガ~!みたいなシーンをよく見ます。

基本的な可聴範囲は人間と変わらなそうですが、もしかしたら人間では聞き分けることのできない高周波、低周波などを聞き分ける能力が発達したのかもしれません。

ただいくら聴覚が発達しても、それがなんの音なのか思考することができないので、ただ大きな音のする方に向かっていきます。音を立てて、囮になるシーンも結構ありますよね。

ということで、ゾンビの聴覚は発達していると考えて間違いなさそうです。

3 嗅覚

続いてはゾンビの鼻です。
これもゾンビは的確に嗅ぎ分けているように考えられます。

ゾンビが目の前にいるものが人間なのかゾンビなのかを識別するのに、視覚なのか嗅覚なのかという疑問が生まれますが、これは匂いで識別していると考えられます。

ゾンビが共喰いをしないのはゾンビは死臭を嫌うためだと考えられます。
これはしっかりと嗅覚を駆使してる証拠になります。ゾンビ化により、嗅覚が発達するかどうかは謎に包まれていますが少なくともゾンビの嗅覚は人間並みかそれ以上にあると考えられます。

4 味覚

次にゾンビの味覚です。
が、これは正直いってよくわかりません。ゾンビ同士で共喰いしないことから腐ったお肉は好みじゃない可能性はあります。

人間の新鮮なお肉を好むので意外とグルメかもしれませんね(笑)

ただゾンビは味よりとにかく、食欲という本能に従って行動していますので、不味いから残すというお天道様の罰当たりみたいな真似はしません。でもお腹いっぱいで残すということはあるでしょうね。

残された方はめでたくゾンビとして復活するんですが、もしかしたらギャル曽根がゾンビになったら残さず食い尽くすので、新たなゾンビが生まれないんじゃないでしょうか?(笑)

5 触覚

最後は触覚になります。
ゾンビの神経受容体は死んでいるため破壊されていると考えられます。

これがゾンビの最も恐ろしいところで、ゾンビは痛みを感じません。故に恐怖も感じないので銃で撃たれようが、ナイフで刺されようが、脳を破壊されない限りは襲ってきます。

痛みを認識したり、危険を回避する能力の欠如がゾンビを手強くしているのは間違いありません。

自爆テロのように、自分の命を顧みないものが人間にとって最も脅威になります。そんな痛みも恐怖も感じない集団が頭部を破壊するまで追いかけ回してくるんです。ゾンビの怖さ、少しは伝わったでしょうか?

最後に

ゾンビの五感について考察してきましたが、もうひとつこんな説があります。

ゾンビの五感は発達しているわけではなく、人間と同レベルである。
ただゾンビは全ての知覚に同じように依存している。

つまり、人間は生まれつき視覚を第一に優先して生きています。聴覚や嗅覚を第一に頼るのは視覚が失われた時です。
全盲の方の聴覚や触覚が異常に発達している例などありますよね?座頭市などもそうですね。

人間はなにかを失った時にそれに代わる知覚を発達させますが、ゾンビは最初から全ての知覚に大きく依存しています。全ての知覚が冴えているというわけですね。これは無敵ですね~、まさにクラピカのエンペラータイムです(笑)

以上でゾンビの身体能力、五感についての考察を終わりたいと思います。
またなにか気になることがあったら記事にしたいと思います。

それではお読みいただきありがとうごさいました!