【海外ドラマ】ウォーキングデッドシーズン1 第5話「救いを求めて」あらすじ、感想。ネタバレあり

【海外ドラマ】ウォーキングデッドシーズン1 第5話「救いを求めて」

あらすじと感想です。

前回のエピソードはこちら!
【ウォーキングデッドシーズン1 第4話「弱肉強食」あらすじ、感想】

※ ⇊以下、ネタバレ感想あり。観てない方はご注意ください。

ウォーキングデッドシーズン1 第5話 あらすじ

■ ストーリー

リックはモーガンとの約束通り、夜明け前にトランシーバーの電源を入れた。そして家族と再会できたこと、アトランタはウォーカーで溢れていたこと、自分がいるキャンプの場所を伝え、ここで待っていると、届いているかわからないトランシーバーでモーガンに呼びかけていた。

ウォーカーの襲撃から一夜明けたキャンプでは、妹・エイミーの亡骸を前にアンドレアが呆然としていた。

エイミーのそばを離れず、仲間が話しかけても無反応なアンドレアを心配し、リックが話しかける。しかしアンドレアは、リックに銃を向けその場を動こうとしない。ダリルは「早くエイミーの頭を撃つべきだ!」と主張し、ボーガンを構えるがリックに止められる。

その後、ダリルたちはウォーカーに襲われて亡くなった仲間たちを火葬しようとしていた。それを見たグレンが「仲間は燃やしちゃいけない。埋めるんだ」と主張する。しかしダリルは「燃やさなければ感染するし、頭もぶち抜かなければならない」という。その時、黒人女性・ジャッキーの指摘で、ジムがウォーカーに噛まれていたことがわかる。ジムは否定するが、シェーンがシャツを捲ると噛まれていた。

それを見たダリルは「ジムもエイミーも俺が脳を撃ってやる!」と主張するが、みんなで対処方法を話し合う。

リックはCDC(疾病対策センター)が、薬の研究をしているという噂があると皆に話す。そしてジムを救うと同時に、自分たちの希望のためにCDCへ行くべきだと主張する。しかし、シェーンは軍隊がいるフォートベニング基地へ行くべきだと主張し、ダリルはウォーカーになる前に、ジムを始末するべきだといい意見が分かれる。

妹・エイミーの傍で憔悴しているアンドレアの隣にデールが座り、妻が死んだときの話をし始める。そして妻が死んだ後、心から大切な人だと思えたのは、君たち姉妹が初めてだと優しく告げる。

アンドレアはエイミーの誕生日に渡すはずだった、人魚のネックレスをポケットから出し、エイミーにつける。

仲間たちを埋葬していたダリルは、噛まれて死んだ仲間がウォーカーになって蘇らないように、頭に向かってツルハシを振り下ろしていた。キャロルはエドは自分の夫だから自分でやると言い、エドに向かって泣きながら何度もツルハシを振り下ろした。

その頃、エイミーの傍から離れないアンドレアがエイミーの異変に気付く。死んだはずのエイミーの手が微かに動き、そしてウォーカーとなって蘇ってしまう。

アンドレアは泣きながら「誕生日にいつも一緒にいれなくてごめんね。でも今はここにいる。愛してるわ」と言い、エイミーのこめかみを銃で撃ち抜いた。

シェーンとリックは埋葬する為の穴を掘っていたが、シェーンはリックたちがアトランタに行かずに、キャンプに留まっていれば犠牲者は出なかったと、リックを責めた。しかしリックは、アトランタに武器を取りに行かなければウォーカーを倒せず、もっと被害は大きくなっていたと反論した。

そこへダリルがやってきて「死人は全て焼く約束だったろ!リーダーとルールを決めないからまとまりがなくなるんだ。こんなの間違ってるぜ」と言った。

その言い合いを聞いていたローリは「仲間のことを弔わずに埋葬することこそ間違いよ」と吐き捨てた。

埋葬を終えたリックはローリにCDCへ行くことを相談したが、ローリもあまり乗り気ではない返事をする。
その頃、ウォーカーに噛まれたジムは高熱が出て苦しんでいた。

リックとシェーンは見回りをしながら、今後のことについて話し合っていた。なぜCDCへ行くことに反対なのか尋ねるリックに、シェーンは「助かる確信がないからだ」と話す。リックは「自分の家族なら違うんじゃないか?」というと、シェーンはショックを受け、立ち止まる。

そして「俺がローリとカールを守ってきた!自分の家族のようにな!」と激昂した。

リックが「すまなかった。感謝しているよ。でも誤解しないでくれ」と言った時、森の奥で音がした。リックが先を歩き、辺りを見回す。そのリックの背中にライフルの照準を合わせるシェーン。

今にも引き金を引きそうだったが、すんでのところで思いとどまり銃をおろした。しかし、一連の行動をデールに見られてしまう。誤魔化すシェーンだが、デールはシェーンに不信感を抱く。

見回りを終えたシェーンは、みんなの前で「リックの意見に従う。リックは信頼できる奴だからだ。CDCへ行こう。賛成の奴は明日の朝に出発だ」と先ほどまで反対していたCDC行きを賛成し出した。

翌朝、リックはトランシーバーの電源を入れ「CDCへ行くことにした。赤い車にメモと地図を貼っておくから、君も来てくれ。幸運を祈る」とモーガンに話しかけていた。

出発の準備ができたが、モラレス一家はCDCへ行かずに親戚のいる方へ向かうという。リックはモラレスに銃と弾を渡し、別れを惜しんだ。そして一同はCDCへ出発する。

順調に進んでいたが、車が故障して止まってしまう。修理のため立ち往生していると、ジムの容体が悪化していると黒人女性のジャッキーが伝えにきた。ジムは「ここで下ろしてくれ」という。全員で話し合った結果、ジムの気持ちを尊重して下ろすことにした。大きな木の前に座らせたジムは「風が気持ちいい。ここでいい」と穏やかに言った。

ひとりひとり、ジムに別れを告げ、修理が終わった車で一同はCDCへ向かう。

その頃、CDCでは一人の男が研究をしていた。しかし実験中、最後のサンプルを失ってしまい、一人で嘆いていた。

リック達はCDCへ到着するが、敷地内は死体が溢れていた。恐る恐るCDCセンターへ近づくリック達。しかしCDCセンターはシャッターで閉じられていた。ノックしても反応はなく、全員に落胆が広がる。

その様子を監視カメラで見ている男がいた。

そこへ大量のウォーカーが迫ってくる。仲間たちはパニックになり、早く逃げようというが、リックは監視カメラが動いたことに気付き、カメラに向かって「頼む!助けてくれ!」と叫び続ける。

ローリは必死にリックを止めて逃げようとするが、リックは「女や子供もいる!開けてくれ!ほかに行くところがないんだ!」と叫び続ける。迫りくるウォーカーから逃げようと、シェーンは無理矢理リックを連れ出そうとした。

その時

CDCセンターのシャッターが開いた。

感想

前回、キャンプがウォーカーの群れに襲われたことにより、多数の死者がでました。

エイミーもその一人。悲しい…。

呆然とするアンドレア。唯一の肉親である妹が亡くなったんだもん、当然です。深い悲しみで、エイミーを抱き締めたまま離れません。悲しい。でもその横で「エイミーの脳天を貫けって!ウォーカーになるでしょうが!」と叫ぶダリルさん。さすがです。マジでボーガンで狙い始めて、リックに止められています。

さらには死んだ仲間を火葬しようとして、グレンに怒られるダリルさん。まぁグレンがいう仲間を弔いたい気持ちもわかるけど、どっちかっていうとダリルの意見に賛成かな。だってさっさと処理しないとウォーカーになっちゃうし、死んだ仲間もウォーカーになりたくないだろうしね。

そしてアンドレアと死んだエイミーを、娘のように気に掛けるデールおじいちゃん。いい人。車の修理も得意だし、貴重な人材です。

今回からリックとシェーンの仲もギスギスし始めます。ギスギスというか、シェーンはリックのことを隙あらば殺そうという描写も出てきました。まぁシェーンは、ローリとカールが奪われちゃうから(っていうか元々リックの家族だけど)内心、リックが戻ってきて面白くないんだと思いますが。リックは親友シェーンが、いちいち自分の意見に反対するのでイライラしてる感じ。

色々、口喧嘩している最中に「死体は燃やすって約束したよな!なぁ!?」とまたダリルさん登場。

し、しつけぇ‥‥。

わかったよ燃やそう!ねっ?燃やすからさ、落ち着こう?という所にローリが来て

「仲間は弔うべきだわ。キリッ」

お前黙ってろや!!

今回も安定のローリイライラポイントが散りばめられています。

まぁローリの事はほっといて、リックとシェーンの関係は今後どのようになっていくのか?また前みたいな親友同士に戻れるのか、二人の関係にも注目です。

そしてお目当てのCDCに到着しましたが、中には研究者っぽい男が一人。なにやらウィルスの研究っぽいことをやっていましたが、ドジをして、まさかの火炎放射でサンプル消滅。

いやドリフか!

ってかあんな装置、研究所にあるの!?間違って作動したらどうすんのさ!危ないじゃない!そんな危ない場所に到着したリックたち御一行。ここ本当に安全なん?火炎放射器が天井にあるんだぜ?

なかなか開かないシャッターにハラハラしながらも、なんとかCDCセンターに入ることが出来ました。本当にこの場所に希望はあるのか?そして怪しいこの男は一体何者なのか?

次回も注目です。

次回のエピソードはこちら!
【ウォーキングデッドシーズン1 第6話「残された希望」あらすじ、感想】