アウトレイジだらけの面接

  • 2018年8月6日
  • 2020年1月17日
  • ネタ

コンコン

 

「どうぞ」

 

ガチャ

 

『失礼します!』

 

「どうぞお座り下さい。本日は弊社、花菱商事の面接にお越し頂きありがとうございます。さっそく志望動機をお聞かせ下さい」

 

『はい!本日は貴重なお時間を頂きありがとうございます。私、前職は営業職を5年間経験していまして、この経験をぜひ御社でも活かしたいと考え、今回志望しました。よろしくお願い致します!』

 

「そうですか。申し遅れました、私、便所掃除の西野です」

 

『べ…便所掃除の方ですか…!?あの…失礼ですが面接官の方は…?』

 

「…あん?面接官が今日おられるかどうか、おのれとなんか関係あるんけ?あん?てめぇが会いたいから言うてすぐ会えるほどうちの面接官、安ぅないで?なぁ?だよな?」

 

『あ、いや、はい…すみません…』

 

「ほんなら続きを聞こか」

 

『はい…私、前職では売上目標を157%達成し、社内表彰において最優秀営業賞を獲得することが出来ました。しかしさらに成長するべく前の会社を辞め、御社に転職を考えました!』

 

「それがどないしたんや?おう?前の会社の実績なんかなぁーんも役に立たへんで?要するにお前は、前の会社を裏切ったいうことやろ?一度、会社を裏切った奴は何回でも裏切りよる」

 

『いえ別に裏切ったとかそういうわけじゃ…』

 

「ところでまだ履歴書もらってへんけど、どうしたんや?」

 

『あ…』

 

「あ?あ、じゃねぇだろう。なぁ?石原ァァア!!てめぇはいつもとろいんだよ!この野郎!」

 

『すんません!すんません!』

 

「大体なぁ、お前の前の会社とはお前がチンポの毛ぇ生える前から盃交わしとんねん!おう!?お前みたいなチンピラの三下獲って戦争にでもなったら誰が責任とるんじゃボケェ!!」

 

『申し訳ございません!今回の話はなかったことにして下さい!』

 

「なに?転職したり取り消したり、てめぇの履歴書は何枚あんだコノヤロー!」

 

『い、一枚しかないです…』

 

「一枚だぁ?二枚も三枚ももってんだろコノヤロー!!」

 

『花菱商事一社に決めていたんです!』

 

「なぁ~んもする前から花菱の後ろに隠れようとしくさってコラァア!入社したらワレ、鉄砲玉になって真っ先に飛び込み営業するんやろなぁ!?」

 

『…わかってます』

 

「アホかぁぁ!てめぇは!!飛び込みなんかさせたらコンプライアンスに引っかかるやないか!自分が何言うてるかわかっとんのか!おう!?」

 

『…木村、もういいよ。帰ろう』

 

「おいお前、今なに言うた?」

 

『なぁにがだよ~?』

 

「面接官がわざわざ忙しいのに会ってくださってるっちゅーのに、おん?帰るやと?コラ?お前が帰るか帰らんかはこっちが決めるんじゃ!ボケェ!!」

 

『お前、便所掃除じゃねぇか!バカヤロー!』

 

「なぁんやコイツなめやがって!おい!おぅ、道具貸せ!ただじゃおかねぇぞ!コラァ!」

 

『ただじゃおかねぇならどうすんだ!撃ってみろ!早くやれ!おもちゃかこれ!?』

 

「なぁにぃ!?てめぇこの落とし前どないするんじゃ!?辞表か?辞表だすんか!?辞表書くなら道具いるやろ?何が欲しいんや?ペンか?筆か?出してやろうか?どないするんや!ただじゃおかねぇぞこの野郎!!」

 

『てめぇらガタガタうるせぇんだよ!だからやってみろっつってんだろコノヤロー!チンピラ!やれ!』

 

「だぁれがチンピラじゃコラァァ!!やってやろうやないか!いてまうどコラァァァア!!」

 

中華屋の親父「あぁー!あぁー!むむむむ村瀬!村瀬!村瀬村瀬!あぁー!」

 

『やれよ!やってみろ!やれ!やれっ!!』

 

木村「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!はぁ…はぁ…これで勘弁してもらえますか…?転職先くらい…俺らだけで獲ってみせますよ!はぁ…はぁ…」

 

「・・・・・・・・・。」

 

『常識では考えられない出来事、アンビリバボー。あなたの身に起こるのは明日かもしれません。木村、帰ろう。』

 

おしまい。

 

ツイッターアカウント⇒(@ wooopunch) よかったらフォローお願いします