ウォーキングデッドのみんな大好きダリル役!ノーマン・リーダスの素顔に迫ってみた!

こんにちは、Woo!です(@ wooopunch)

海外ドラマ「ウォーキングデッド」の大人気キャラクター、ダリル・ディクソン!

ダリルは無口で不愛想。でも誰よりも仲間想いで、優しい心の持ち主。

アメリカでのダリル人気は凄まじく、ダリルが死んだらもう観ない!なんていう視聴者が多くて殺せないなんて情報も…。

もちろん僕も大好きなキャラクターです!

・ダリルについて詳しくはこちらから⇊

 

そんなみんなに愛されるダリルを演じるのは俳優ノーマン・リーダス!

彼の生い立ちや、ドラマで見せるクールな姿とは違う素顔など…

今回はノーマン・リーダスの素顔に迫っていきます!

ノーマン・リーダスの素顔

ノーマン・リーダスの生い立ち

ノーマン・リーダスの本名はノーマン・マーク・リーダス。

1969年1月6日生まれの49歳です(2018年現在)

アメリカ合衆国フロリダ州ハリウッド生まれ。身長は178cmとアメリカ人としてはやや小柄なのかな?

身長はわいの勝ちや!どや!!(聞いてない)

父親はイタリア・シチリア島出身で母親はイギリス人。

元々俳優を目指していたわけではなく、ロサンゼルスのハーレーダビットソンショップで働きながら画家や写真家として活動していたようです。

しかしなかなか芽が出ずに、日々の画材代にも苦労していたそう。画材代金を捻出するために舞台に出演することがきっかけで俳優の世界に入っていきます。

その後、「処刑人」・「ブレイド2」に出演したことで注目を集めます。

1997年にはプラダのモデルを、2000年からはダーバンのモデルも務めています。

そして転機が訪れたのは2010年。米ケーブルテレビAMCで放送された大ヒットドラマ「ウォーキングデッド」でダリル・ディクソン役を演じ、一気にトップスターの仲間入りを果たします。

元々ダリル・ディクソンというキャラクターは原作には存在せず、ノーマン・リーダスはダリルの兄・メルル役のオーディションに来たそう。

しかし彼を見たプロデューサーがえらく気に入り、急遽、ダリル・ディクソンというキャラクターを作ったそう。すげー!

それがこんな大人気キャラクターになっちゃうんだからすごいですよね。今では原作者の一番お気に入りのキャラだそうです。

ノーマン・リーダスは結婚している?子どもは?


ノーマン・リーダスは1988年にモデルのヘレン・クリステンセンと結婚しています。

1969年生まれだから19歳の時に結婚!(早)

若くして結婚したんですね。そんな二人の間に息子ができます。名前はミンガス君。

イケメンパパと美人ママの子供ですから当然こうなります ⇊


はいイケメン!

キリっとした目のパパとは違って、タレ目はママ似ですね。

そのスタイルを生かして、ミンガス君はモデルや音楽活動をしているそうです。

ノーマン・リーダスとヘレナは2003年に離婚してしまったため、現在、ミンガス君は父ノーマンとニューヨークで暮らしています。

今はフリーのノーマン・リーダスですが、こんなイケメンのスターを女性たちが放っておくはずがなく、様々なモデルや女優との噂があるようです。

ちなみに僕は妻一筋です!(聞いてない)

ノーマン・リーダスは日本に住んでた?

親日家として知られるノーマン・リーダス。

それもそのはず、なんと彼は日本に住んでいたことがあるそう。母親の都合で千葉県習志野市の新大久保に住んでいたんです!

友達もたくさんいて、日本のファッションや音楽にかなりの刺激を受けたよう。

日本食はうなぎ・しゃぶしゃぶ・すき焼きが大好物で、今でもアメリカでしょっちゅう食べてるそう。

日本の印象は「人が礼儀正しくて素晴らしいよ。それに街がすごく綺麗だね」とインタビューで語っていました。

こんなこと言われたら日本人として嬉しいですよね!

ちなみにどういう経緯かはわかりませんが、日本のモデル・佐田真由美さんと仲が良いようです ⇊

日本に住んでいた頃に知り合ったのか、ノーマン・リーダスがモデルをしていた時に知り合ったのかはわかりませんが、佐田真由美さんのホームパーティなどにも招待されてるそうで、かなり親しい間柄じゃないでしょうか?

ちなみに佐田真由美さんは僕の高校の文化祭にきてました。(知るか!)

ノーマン・リーダスはイタズラっ子!?

ウォーキングデッドのリックとダリルは、お互いを信頼している相棒同士。

そんな二人は実生活でもとっても仲良し!

ノーマン・リーダスのインスタグラムにはリック役のアンドリュー・リンカーンがたびたび登場します。

その姿はホントに仲良しで、なんだかほのぼのしちゃいます。

そんな仲の良い二人ですが、アンドリュー・リンカーンはノーマンはイタズラが大好きで、何度も仕掛けられたと暴露しています。

「1980年代のエアブラシイラスト風でダリル・ディクソンの絵が描かれたナンバープレートを送ってきた人がいるんだ。髪がたなびいているヤツでね。彼の車に付けたけど、全然気づかれなかった」とノーマンは米トーク番組で司会のジェームズ・コーデンに語った。

「彼は何ヶ月もそれを付けたまま車を運転していたけど、仕返しすると言っていた。いろいろ(イタズラの)計画はしているけど、本当に下手なんだ」 「新シーズンの撮影の最終日には、彼がトレーラーに入る前に、中をニワトリでいっぱいにしておいた。やるなら先手を打たないとダメだよ」

引用:T-SITE NEWS

サラッと言ってますが、なかなかひどいイタズラをするノーマン・リーダス(鬼畜)

リックも仕返しするようですが、ダリルの方が一枚上手みたいですね。ウォーキングデッドとは真逆の関係がおもしろいです!

ノーマン・リーダスは大事故で生死を彷徨った!?

2005年2月末、ノーマン・リーダスはベルリンで開かれたR.E.Mのコンサートに出席するためドイツに滞在していました。

コンサートの帰り道、運転手が道を外れたことによりノーマンの乗った車は小型トラックと激しく衝突!

その衝撃でノーマンはフロントガラスを突き破り、歩道に投げ出されるほどの大事故。

ノーマン・リーダスは左顔面に重傷を負い、すぐに病院に救急搬送されました。

全身大けがでしたが、特に顔面の損傷はひどく、鼻に4本のボルト、眼窩にはチタン製の金属を代用するという大手術が行われました。

今では見事に復活したノーマン・リーダスですが、当時は相当絶望したようで

「私の顔は本当にひどい状態だった。もう終わりだと思ったよ。俳優には戻れないだろうと絶望した」と語っています。

しかしそんな苦難を乗り越え、今やトップスターの座を獲得したんですから本当にすごいですね

ダリル・ディクソンと同じで、なにがあってもくじけない強い男!それがノーマンリーダスです!

ノーマン・リーダスの主な出演作品

ライドwithノーマンリーダス

「ライド with ノーマンリーダス」

大人気海外ドラマ「ウォーキングデッド」のダリル役として、ドラマでもバイクを乗り回すノーマン。

そんな公私共にバイク好きとして知られるノーマンリーダスが、仲間と共に各地の絶景、バイカーたちのゆかりの地を訪れ、バイク文化や歴史を紹介していくノーマンがホスト役の旅番組です。

ウォーキングデッドのキャストたちも何人も出演し、ウォーキングデッドファミリーの絆の強さが伝わってくる、ファンにはたまらないエピソードも満載です!

映画やドラマでは観られないノーマンリーダスの素顔が満載の「ライド with ノーマンリーダス」は動画配信サービスHuluで独占配信されています!

気になる方はこちらの記事をチェック⇒ライド with ノーマンリーダス シーズン3、Huluで独占配信!無料で観れる方法を解説!

『処刑人』(1999年)

まずノーマン・リーダスが世に知られるキッカケとなった出世作「処刑人」

ボストン郊外に住む双子が、法で裁かれない悪党を次々処刑していくという、なかなかバイオレンスな作品です。

僕もこの映画は好きで何回も観ているんですが、あんまりノーマン・リーダスの印象がないんだよなぁ。なんでだろ?

ウォーキングデッドを観て、『あ!あの処刑人の人だ!』と思い出したくらいです。ちなみに2009年には「処刑人2」も公開されています!

『BLADE 2』(2002年)

2002年に公開された『ブレイド2』ではスカッド役としてウェズリー・スナイプスと共演しています。スカッドは主人公ブレイドの相棒という準主役の役どころです。

これも観たことあるけど、ノーマン・リーダスの印象がない・・・なんでだ?w

思い出せ!思い出せ俺!

『ウォーキングデッド』(2010年~)

そして説明不要の大ヒットドラマ『ウォーキングデッド』

このダリル・ディクソン役で人気が爆発した感じですね。

あとは『ミミック』(1997年)のジェレミー役、『アメリカン・ギャングスタ―』(2007年)の捜査官役などなど、ちょこちょこ出てるんですね。要チェックです!

ウォーキングデッドもシーズン9の撮影が始まってるようだし、楽しみです。

ウォーキングデッドを無料で観たい方はこちらの記事をチェック⇒【知らなきゃ損する】ウォーキングデッドの動画を無料で観る方法!

ツイッターアカウント⇒(@ wooopunch) よかったらフォローお願いします!

・関連記事
【ウォーキングデッドのグレン死亡悲しすぎワロタ!グレンの死について考えてみた】
【リック役!アンドリュー・リンカーンの素顔!】
【グレン役!スティーブン・ユァンの素顔!】
【マギー役!ローレン・コーハンの素顔!】