『もし現実世界でバイオハザードが起こったら』おっさんが妄想してみた!

こんにちは、Woo!です(@ wooopunch)

「もしこの世界がバイオハザードの世界になったら、どんな行動をすれば生き残れるんだろう?」

これはゾンビ映画を観たり、ゾンビゲームをプレイした後に多くの人が想像することだと思います。

「バイオハザード」のように街がゾンビで溢れたら、どうやって身を守り、どこへ逃げればいいのか。有効な武器はなんなのか、生き残るためにはどうすればいいか?

あなたもこんな妄想をしたことありませんか?

私はゾンビ映画を観たあとは、いつもこういうくだらない妄想をしています。というか妄想をするために映画を観ているかもしれません。(おっさんのくせに)

もちろん現実に「バイオハザード」が起きる可能性は限りなく低いので、こんな妄想は無駄だと思いますよね。でもバイオハザードが起きたと仮定したときに、「どこに避難するか?」「長期的に籠城するとしたら、どのくらいの備蓄が必要か?」などを頭の中でシミュレーションしておくことは既存の災害の備えとなります。

例えば近い将来、大地震が起きるかもしれないし、もしかしたら北朝鮮が核ミサイルを撃ってくるかもしれません。そんな通常では考えられない大パニックが起こった時に、冷静に行動できるよう普段からの「防災道具や保存食などの備え」、「災害はいつ起きるかわからないという意識付け」が重要です。

そういうわけで一見無駄に思えた「バイオハザードが起こったら」というくだらない妄想も決して無駄ではないんです!たぶん(切実)

というわけでここからは、妄想の枠を超えて「もし現実世界でバイオハザードが起こったら」をまじめに考察していこうと思います。段階を踏んで考察していくので、たくさんの記事数になってしまうと思いますが、私と同じゾンビパニック妄想マニアの方々はぜひお付き合いください。

「ほんならあんちゃん、タイラントはおるんかいな?」

と大阪のおっちゃんに聞かれたので、まずは考察していくために「バイオハザードの世界」の設定を考えていきたいと思います。

バイオハザードの世界はどうなっているのか?

そもそも何が原因でバイオハザードが起こってしまったのかを考えていく必要があります。
宇宙からの飛来物?新種のウィルス?細菌兵器?はたまた非科学的な怨霊の仕業?

人がゾンビになってしまうという現実では考えられない「バイオハザード」

なにが原因でバイオハザードが発生したのか。それを知らない限り、人類は遅かれ早かれ滅亡してしまいます。
しかし裏を返せば、原因がわかれば人類は必ず感染に対抗しようと知恵を絞ってきます。今までの長い歴史をみても、AIDS・結核・マラリア・コレラなど不治の病と呼ばれるものにも人類は打ち勝っていきました。

「敵を倒すにはまず敵を知ることだ。by誰か」

というわけで、なにがバイオハザードの原因か考えてみたいと思います。

バイオハザードの原因とは?

photo by :https://www.amazon.co.jp

ゲームや映画のバイオハザードの感染原因は「T-ウィルス」というウィルスが原因です。

実際に現実でバイオハザードが起きるとしたら、隕石にのった地球外生命体が地球にきちゃった!という「耳がでっかくなっちゃった!」的発想より、狂犬病ウィルスの突然変異や、戦争で使う細菌兵器の暴走などの方がよっぽど現実的です。

中でも、私が最も現実的に有り得ると考えているのが、きのこやカビなどの菌類が人に感染してゾンビ化させる「ゾンビの発生源、寄生菌感染説」です。

実際に昆虫のアリに寄生して、アリの精神を乗っ取り、自らの生存に有利な場所に移動させ、最も適した時刻に宿主のアリが死ぬように操作する特性を持つ。こんな恐ろしいきのこが現実に存在しています。

こんな恐ろしい寄生菌が進化したら、いよいよ人間がゾンビになるということが現実に起きるかもしれません。

というわけで「バイオハザード」が起きた原因は「寄生菌の進化による感染」と仮定して考察を進めていきます。

寄生菌について詳しく考察している記事はこちらから!気になる方はぜひご覧になってください。
【ゾンビの寿命を考えてみた。ゾンビ化の原因は寄生菌?】

感染はどうやって連鎖するのか?

photo by :https://news.aol.jp

次に感染はどうやって広がっていくかを考えてみます。

世の中には様々なゾンビ映画があります。私が今まで見た映画の中では、人間がゾンビになるのは噛まれた時と相場が決まっていました。映画によってはゾンビの血が口や傷に触れるだけでアウトなものもあったけど、ほとんど噛まれることで感染が広がっていました。

要するに直接的なゾンビとの接触によって感染していた。

これがもし、インフルエンザのように空気感染をする寄生菌だったら人類は終焉に向かっていくでしょう。

っていうか空気感染は防ぎようのないところもあるので、生き残るためには家から一歩も出ないしか選択肢がなくなってしまいます。それだと「街に物資補給にいく時の注意点」とか色々考察していきたいのに困ります。ブログ的に(笑)

なので空気感染はナシで。
感染は「ゾンビに噛まれる」か「ゾンビの血が傷口などに入る」でいこうと思います。

走るゾンビは存在するか?

photo by :https://jp.sputniknews.com

最近流行りの走る系ゾンビ。これはどうでしょう。個人的には走られるとパニックになるので苦手です。超こわい。

ゲームのバイオハザードも3まではノロノロゾンビだったのに、4から急に走り出しましたよね?
映画の28日後なんかも、あれはゾンビじゃないですけどめちゃめちゃ走ります。もうこれでもかってくらい全速力で追っかけてきます。怖いです。走られると。

そもそも寄生菌の感染により起こったゾンビ化では走るのは無理があります。

それは宿主の人間の脳に寄生している菌が、神経細胞の電気信号を化学信号に変換し、化学信号が体中に伝達されゾンビが動くと仮定しているため。

この伝達信号は時間がかかり不完全であるため、結果的にゾンビの動作はギクシャクするものと考えています。よくみるノロノロゾンビですね。

以上の理由で「走るゾンビは現実的ではない。べ…別に怖いわけじゃないからね!」と考えます。

あんな全力で走るゾンビに街で出くわした日にゃあ、発狂してしまいます。バイオハザード1ならなんとなく生き残れそうだけど、バイオ4だと無理っぽい‥‥。そういうことです(笑)

やっぱりゾンビといえば、ウォーキングデッド系のノロノロゾンビが王道ですね。

というわけで走るゾンビはなしでいきたいと思います。

※ ウォーキングデッドの世界を知りたい方はこちらから!
【ウォーキングデッドシーズン1 エピソード一覧】

ゾンビはどうすれば倒せるのか?

photo by :https://www.rbbtoday.com

これはみなさんご存知の、あの倒し方が有名ですね。

そう、頭にバーンっとヘッドショット!です。
ゾンビ化の原因である寄生菌も、人間の脳に寄生すると考えていますので、脳を破壊することがゾンビを絶命させる唯一の手段です。

しかし残念ながらここは日本です。銃なんて警察署や自衛隊、はたまた暴力団事務所くらいしか存在しません。バイオハザードが起きたあとなら、警察署にいって拝借できるかもしれませんが。そもそも銃を撃つことに慣れてない日本人が一発で頭を撃ちぬくのは難しいと思います。

現実的にはバールやハンマーのようなもので攻撃していくと思いますが、ゾンビに有効な武器についてはまた別記事で考察していきたいと思います。

※ 対ゾンビに有効な武器の考察はこちら!
【ゾンビとの戦闘に有効な武器を考えてみた。】

リッカーとかハンターとか化け物系はいるの?

photo by :https://twitter.com

これは結論からいうといません(と願いたい)

バイオハザードの感染原因が軍事の細菌兵器の流出だったら、秘密裏に作られた生物兵器とかも有り得そうですけどね。そもそも感染原因が自然の寄生菌と仮定していますので、感染するものはこの世に存在するものだけです。

そのため、化け物はいませんが人間以外に感染するものとなると
犬や猫、カラスに動物園の動物たち、ライオンなどの猛獣も感染すると考えています。

そしてなにより怖いのは寄生菌は虫にも感染すると考えていますので、例えば感染した蚊が人間の血を吸うと感染してしまうということも考えられます。

でもこれ‥‥なしにしません?(笑)

蚊まで警戒しなきゃダメなのは正直しんどいです。だって寝てるときにゾンビになっちゃうじゃないですか。なんか自分に都合の悪いことは、どんどんなしにしている気がしますが‥‥。

妄想だからいいんです!

結論 ハンターなどの化け物や蚊のゾンビは存在しない!

最後に

ということで「もし現実世界でバイオハザードが起きたら」を考察していく上での設定を決めてみましたので、まとめてみたいと思います。

1 バイオハザードの原因は寄生菌による感染

2 感染はゾンビに噛まれるかゾンビの血が傷口に入ることで起きる

3 走るゾンビは存在しない!でもノロノロゾンビだからって油断しちゃダメよ♥

4 リッカーやハンターなどの化け物は存在しない!でも犬やカラスなどはバリバリいる

と決めてみました。また追記することがあったら書いていきたいと思います。

そして「バイオハザードの世界になったら」をこれからどんどん考察していこうと思っていますが、考察の最終的な目的は「生き残ること」です。そしてもうひとつ、これを読んでいただくことで、既存の災害に対しての心構えも備えていってもらえたらと思っています。

それでは次回から「ゾンビに有効な武器」や「戦闘方法、逃亡方法」、「どこに籠城すればいいのか」など様々なことについて考察していきたいと思いますので、よかったら読んでみて下さい。

それではお読みいただきありがとうございました!

※ もし現実世界にバイオハザードが起きた時の考察はこちらから!
【ゾンビウィルスパンデミックの可能性】
【非常事態時の人間心理を考える】
【安全な避難場所を考える】
【安全な避難場所を考える2】
【SNSをフル活用して情報収集せよ!】
【自宅で籠城するために必要な備蓄を考える】
【ゾンビに有効な武器を考える】
【ゾンビに有効な武器を考える2】
【ゾンビとの戦い方を考えてみる】
【ゾンビと複数人で戦う方法を考える】